血圧計 価格

血圧計を家庭に常備しておくことのメリットは?価格はいくらぐらい?

血圧計,価格

血圧計を家庭に常備しておくことのメリットは、1日の中で、さまざま時間に、しかもリラックスした状態で血圧を測ることができる、ということにあります。

 

血圧は生活リズムや環境でさまざまに変動するため医療機関での測定だけでは、なかなか高血圧の診断がつかないことも多いようです。

 

血圧計は価格もそれほど高くないものですから、家庭用に1台は持っておくと健康管理に役立ちます。

 

家庭用血圧計で血圧を測ることで、血圧の平均値や、どの時間帯に血圧が高くなるのかが把握できるため高血圧のタイプを判別するのに役立ちます。

 

また、投薬治療を受けている場合にも、薬の効果や血圧コントロールの状況がわかるので効果的な治療を進めることができやすくなります。

 

さらに、発見が難しいと言われる早朝高血圧も起床後すぐの血圧を測ることで、見つけやすくなります。

 

血圧計の価格は、さまざまなものがありますが、機能や使い方の説明を良く読んで自分の使いやすい、生活にあったものを選ぶようにしたいものです。

 

不安な場合はドラッグストアなどで、説明を受けた上で選ぶと良いでしょう。家庭用血圧計を購入したら、毎日朝と夜の2回、日常生活の習慣として測るようにして下さい。

 

朝は起床後1時間以内、排尿のあと、朝食前、降圧薬を飲んでいる場合は薬を飲む前、の4つの条件を守って測るようにしましょう。

 

夜は、寝る直前に測るようにしますが、入浴や飲酒の直後は避けます。

 

測定の結果は全て記入し、基準値を把握しておき変動があった場合には、医師に相談して下さい。

 

参考記事 ルナメアACの良い口コミと悪い口コミ【まとめ】