高血圧 症状

高血圧の症状として良くみられるもの?

高血圧,症状

高血圧の症状として良くみられるものには、他の病気と見分けのつかない物が多く、一見すると、血圧とは関係のないように思われる症状もあります。

 

例えば、心臓の病気と勘違いしやすいものに動悸や息切れ、心臓の圧迫感や胸が締めつけられるなどがあります。

 

脳にあらわれる症状としては、頭痛や頭が重い、めまいなどの他、耳鳴りや物忘れ、注意散漫や不安感などがあげられます。

 

さらには、肩コリや、手足がしびれる、不眠なども高血圧の症状として現れることがあります。

 

腎臓にも影響しますので、頻尿やタンパク尿、むくみなども起こります。高血圧によって、眼底出血が起こり、視力障害に繋がる場合もあります。

 

このように、高血圧の症状にはさまざまなものがありますが、自分ではそれが高血圧によるものだと自覚できないことが多いのが高血圧症の怖さです。

 

高血圧は、気付かずに治療しないままでいると静かに症状が進み、最終的には生命の危機に関わる重篤な合併症を引き起こす可能性があります。

 

少しでもおかしいと感じたら、自己判断で放置せずにかかりつけ医に相談してみましょう。

 

また、普段から血圧が高めだと言われている人は、家庭用血圧計を常備し、毎日定期的に血圧を測ることも自衛策として必要です。